<rt id="us6us"></rt>
<rt id="us6us"><small id="us6us"></small></rt>
<rt id="us6us"><center id="us6us"></center></rt>
<acronym id="us6us"></acronym>
<rt id="us6us"><small id="us6us"></small></rt>
<acronym id="us6us"></acronym>
<acronym id="us6us"><small id="us6us"></small></acronym>

會社概要

COMPANY

金屬表面処理に関する様々なニーズに長年のノウハウとネットワークでフレキシブルに対応。環境保全に配慮した上で、持続可能なものづくり社會の実現を目指します

高信頼?高品質を迅速かつ、柔軟に。

高度な金屬表面処理技術を持つISOGAIのモットーは、お客様のニーズに確実にお応えすること。そのためにも、最先端技術が集結したトータルコンピューターシステムを完備し、高品質な製品づくりに努めています。同時に、ppm単位で條件管理された24時間フル稼動の全自動ラインで迅速を要するニーズにも対応を可能にしています。また、環境に対する意識も高く、業界でもいち早く「排水処理システム」を確立しました。環境を守りながら、高品質な商品を、敏速にお客様のもとにお屆けする。ISOGAIは、この精神をさらに深く追求していきます。

 


代表挨拶

會長あいさつ

當社の歴史は昭和31年、磯貝電化工業所の設立で始まりました。
以來固有の表面処理技術を高めると同時に成長する日本の工業製品の品質向上にも貢獻してまいりました。
皆さまのご厚意のおかげで、現在では、自動車部品を始め、各種工業製品全般にわたり、確固たるステイタスを築くことができました。
近年、製品の高品質化?高精度化が進む情勢の中、私どもは環境保全?安全を考えながら、さらなる品質向上と、コストパフォーマンスを追求し続けてまいります。
同時に、お客様のご要望に即対応できる生産システムの確立を目標に、研究開発にも力を注ぐ所存でございます。
今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

 

イソガイ株式會社 代表取締役會長
磯貝 哲

 

 

社長あいさつ

2015年10月に社長に就任させて頂きました、イソガイ株式會社の原でございます。
弊社は電気めっきとカチオン電著塗裝を主體とする金屬表面処理加工會社です。
約500社のお客様と、約100社の仕入先?協力會社に支えられながら、約300名の仲間と共に日々生産活動に努力しております。

 自然界に存在する金屬は全て酸化物です。
それを製品に加工する為、様々な手法で酸素と切り離す事で、素材が出來上がります。そして素材から出來た製品は、自然の摂理として再び酸素と結合しようとします。
これが一般に言われる「錆」です。
お客様が製造された英知の結晶である製品を、表面処理を施すことにより時間軸で擔保する。そんな業務を私たちは擔っております。

 高度な技術で加工された製品も、錆(腐食)てしまえば、その必要性は失われます。高価で希少な素材を使用すれば、表面処理を施さなくても永続的に機能を満たすことは可能かもしれません。
 しかし現実的にはコスト面、加工面を考えた場合、素材として「鉄」が一番優位であることは確かです。このような鉄素材で出來た製品の、製造當初の機能を維持させることが、當社の金屬表面処理加工の役割です。
 製品の耐久性を延ばす工程であり、極めて「エコ」な加工とも言えるでしょう。私たちは製造過程、及び社外(排水等)に対しても、「エコ」であり続けます。

 防錆の他にも、金屬表面処理加工の特性には、素材の性能を変化させる才能もあります。具體的には「色?光沢?硬さ?滑り易さ」等です。

「発明とは必要を満たすものである」
 エジソンの言葉です。
 裏を返せば、どんなに素晴らしい技術、製品も、世の中の必要を満たすものでなければ発明とは言えないということです。私たちは「世の中の必要を満たす會社」であり続けたいと考えます。
 その為にはお客様からの要望?依頼をただ受けるのではなく、主體的にお客様の「必要を」考え、模索する必要があると考えます。
 その為、弊社は金屬表面処理専門會社には珍しい「営業部」を経営直轄の部署としてもっております。また、お客様の「必要」に応えるために、「生産技術部」「品質管理部」も獨立させており、日々様々な要望に応えるべく努力しております。

「製品の長壽命化に貢獻すること」
「付加価値を施すことにより、製品を完成させること」

上記を使命として、イソガイ株式會社はこれからも発展していきたいと考えます。
 

 

イソガイ株式會社 取締役社長
原 正円


會社情報

名稱 イソガイ株式會社
事業所 本社  名古屋市南區豊4丁目17番地12號
大口 工場  愛知県丹羽郡大口町萩島1丁目119番地
大口西工場 愛知県丹羽郡大口町萩島1丁目117番地
犬山 工場  愛知県犬山市字平塚1番21
事業內容 自動車用部品及び工業用部品の金屬表面処理加工(電気めっき及びカチオン電著塗裝等)
設立 昭和31年3月18日
資本金 1億円
代表者

代表取締役會長 磯貝 哲

取締役社長   原 正円

社員數 300名
主な取引先 自動車メーカー?一次サプライヤ様及び関連グループ様
自動車、アミューズメント、家電、建材、住宅、設備等部品メーカー様 約500社
取引銀行 三菱東京UFJ銀行(堀田支店)
名古屋銀行(堀田支店)
日本政策金融公庫(熱田支店)
商工組合中央金庫(名古屋支店)
大垣共立銀行(內田橋支店)
福岡銀行(名古屋支店)
取得認証マーク ISO9001
ISO14001(名古屋本社工場)
名古屋エコ事業者
資格保有者

社會保険労務士 -- 1名
電気めっき技能士 -- 27名
有機溶剤作業主任者 -- 5名
一般毒物劇物取扱責任者 -- 12名
甲種危険物取扱者 -- 4名
特定化學物質作業主任者 -- 4名
水質関係第2種 公害防止管理者 -- 6名
産業廃棄物中間処理施設技術管理者 -- 4名
特別産業廃棄物管理責任者 -- 5名
排水関係技術者 -- 4名
乾燥設備作業主任者 -- 3名
甲種防火管理者 -- 6名
低圧電気取扱業務 -- 1名
ガス溶接技能 -- 4名
アーク溶接技能 -- 4名
玉賭け技能 -- 6名
2級機械保全技能士 -- 1名
第一種衛生管理者 -- 4名
秘書技能検定 -- 1名

 


會社沿革

昭和31年 3月 磯貝電化工業設立
昭和38年 7月 磯貝電化工業株式會社に組織変更
昭和44年 10月 大口工場建設に著工 45年2月、稼働
昭和47年 12月 本社事務所、倉庫建設
昭和49年 6月 大口工場生産設備増設
昭和51年 2月 本社南工場建設?同年7月本社生産設備増設
昭和55年 6月 大口工場増設
昭和57年 6月 本社北工場新築?生産設備増設
昭和60年 7月 本社東工場新築
昭和60年 10月 本社東工場生産設備増設
昭和61年 12月 本社東工場及び北工場生産設備増設
昭和62年 12月 塗裝工場建設稼働
昭和63年 11月 大口工場ラック式めっき裝置増設
平成元年 10月 大口工場カチオン電著裝置稼働
平成3年 1月 イソガイ株式會社に社名変更
平成3年 2月 本社工場及び大口工場に亜鉛合金めっき裝置増設
平成4年 8月 大口西工場増設
平成5年 8月 大口東工場生産設備増設
平成9年 1月 大口西工場生産設備増設
平成9年 1月 大口東工場生産設備増設
平成9年 3月 犬山工場建設
平成12年 11月 犬山西工場生産設備増設
平成14年 1月 犬山西工場カチオン2號機導入
平成16年 1月 名古屋工場ISO 14001取得
平成17年 1月 名古屋工場?大口工場ISO 9001同時取得
平成18年 11月 犬山工場生産設備増設
平成19年 8月 犬山工場生産設備移設
平成28年 9月 大口工場生産設備増設(錫亜鉛????)
平成28年 10月 ホームページリニューアル
平成29年 7月 大口工場ISO 14001取得

 


アクセス

本社工場/名古屋工場

〒457-0863
名古屋市南區豊4丁目17番12號
TEL 052-811-9221 / FAX 052-811-8255

大口工場

〒480-0124
愛知県丹羽郡大口町萩島1丁目119番地
TEL 0587-95-2271 / FAX 0587-95-7546

大口西工場

〒480-0124
愛知県丹羽郡大口町萩島1丁目117番地
TEL 0587-95-2271 / FAX 0587-95-7546

犬山工場

〒484-0958
犬山市字平塚1番21
TEL 0568-68-1205

TOP 圣帕波修道院学术中心官网